0から始める太陽光発電 太陽光発電ってどんなもの?そこから始める太陽光発電講座 Sat, 01 Feb 2014 04:25:53 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.9.13 お得で災害にも強い太陽光発電 /iza-ansin/tuyoi/ /iza-ansin/tuyoi/#comments Sat, 01 Feb 2014 04:25:53 +0000 /?p=60 太陽光発電は自然エネルギーを利用した、環境にやさしい発電方式です。
自然界のものから直接電気をつくりだすため、石油などのように埋蔵量の問題もありません。
自然エネルギーを利用する発電には他にも風力や地熱があります。
風力に関しては日本では好適地が少なく、地熱は温泉に影響がでかねないとのことで観光業との衝突がありなかなか導入が進んでいません。
太陽光発電は日本政府としても推進しており、補助金と電力買取制度を導入しています。
買取制度では、発電して利用しきれず余った分は一定価格で電力業者が買取をするというものです。
普及促進のため電力業者から電気を買う値段より高く設定されており、技術向上による設置コストの低下や発電効率の上昇などとあいまって、現在では10年ほどで元が取れると言われています。
発電効率がもっとも良いのは昼間です。
共働きなどでこの時間帯は家をあける家庭であれば、その時間帯はほとんどが売電できるため元が取れるようになるまでの期間はさらに短縮されるでしょう。
設置も工事はかなり簡単にでき、すでに出来上がっている家に設置するのも何の問題もありません。
また、発電設備を自前で持つことで災害に強い家ができあがります。
なんらかの原因で電気が来なくなったとしても、太陽光パネルによってある程度の電気が確保できます。
日照のある昼間しか発電できないという問題がありますが、スマートフォンやノートPCの充電といった用途にはじゅうぶんでしょう。
充電式の照明設備を持っていれば、昼間のうちにそれらにチャージして夜間に利用するという使い方もできます。
資金に余裕があれば、ぜひ導入しておきたい設備だと思います。

]]>
/iza-ansin/tuyoi/feed/ 0
新潟市で太陽光発電にチャレンジ /taikendan/niigata-charenji/ /taikendan/niigata-charenji/#comments Sun, 15 Dec 2013 09:19:49 +0000 /?p=57 私は新潟市在住ですが、昨年太陽光発電を設置しました。
4kwの発電容量の太陽光発電で、私の家の屋根は太陽光発電には適した、南向きの切妻屋根です。
設置してみてわかったのですが、新潟市で太陽光発電をするデメリットなど何もないということです。
太陽光発電を設置するまでは、日照時間、補助金、雪の問題と、難題が多くありました。
日照時間は、日本の各地域の中で、日照時間はあまり太陽光発電のアドバンテージを持っているとは言えません。
それに雪という問題があります。
しかし、雪の問題は、新潟市は雪は極端に少なく、屋根に雪をいただいているという日は、ほんの少しです。
このように新潟市で太陽光発電をするには、良い条件は望めませんが、自分で自宅の電気を作ると言ったことで、太陽光発電を設置しました。
設置した以降、毎日休みなく電気を作ってくれます。
初期費用の回収が少し長いだけです。
自分で自分が使用する電気を作るというメリットは、代えがたいものだと思っているからです。

]]>
/taikendan/niigata-charenji/feed/ 0
太陽光発電の定期点検って何をするの? /iza-ansin/teiki-tenken/ /iza-ansin/teiki-tenken/#comments Thu, 28 Nov 2013 07:18:58 +0000 /?p=56 新潟市で太陽光発電を設置される方から、よく頂く質問が定期点検についてです。
積雪量の多い地域であることもあり、屋根に設置した太陽電池モジュールや室外機が雪で傷みやすいのではと気になるようです。
この点、太陽電池モジュールについては、もともと耐久性が高いうえ、雪国仕様のものを設置するので大きな心配はいりません。
定期点検は設置業者やメーカー保証にもよりますが、一般的には設置から1年後と、それ以降3年~4年ごとに行います。
太陽電池モジュールについては、基本的には地上からの目視確認になります。
接続箱とパワーコンディショナについては接続状態と電圧のチェックを行います。
また、パワーコンディショナについては、災害時に備え、自立運転機能が正しく作動できるかの動作確認を実施します。
さらにご家庭内に設置されている電力モニターやリモコンについて、動作確認と表示状態の正確性をチェックします。
不具合が見つかればメンテナンスが実施されます。

]]>
/iza-ansin/teiki-tenken/feed/ 0
信頼できる業者探しが重要 /iza-ansin/sinrai-gyousha/ /iza-ansin/sinrai-gyousha/#comments Sat, 09 Nov 2013 02:18:15 +0000 /?p=55 豪雪地帯の新潟でも太陽光発電は徐々に普及しています。
新潟県独自の補助制度は終了しましたが、
それぞれの市の補助制度はまだ続いているようです。
政府が新エネルギーの普及を推進するということですから、
新年度も補助金は続くかもしれません。
新潟で太陽光発電を設置するのなら、
信頼できる業者を探すことが何よりも重要でしょう。
太陽光発電にかかる費用はソーラーパネル本体価格だけではありません。
多くの周辺機器もありますが、
導入コストの約半分ほどが屋根工事などの施工費用だと言われています。
これから設置工事などのコストダウンもされていくだろうと思いますが、
コストダウンされたお金を誰が支払うのかということも考えなければなりません。
コストダウンしたとして、
そのしわ寄せが設置業者に行くとしたら思うような設置工事ができるでしょうか。
どんな太陽光発電システムが技術革新されたとしても、
ソーラーパネルやパワーコンディショナー、発電モニタなど、
設置工事がいきなり簡単になるわけではないのです。
それに現地調査や最適なシステムの提案、
適切に設置することが重要なことはかわりません。
コストダウンを求めることで、
適切に施工がされなければ意味がないのです。
だからこそ信頼できる施工販売業者を選ぶことが重要なのです。
信頼できる施工販売業者を選び、
自分の思っていることもしっかり伝えることです。
太陽光発電を導入するということは、
小さいといっても自前の発電所を持っているのと同じことです。
蓄電池の高性能になれば、
蓄電池と組み合わせて自前の電力だけで、
自宅で消費する電力をすべて賄える日も来るでしょう。
いまでも蓄電池の代わりとなる車も登場しています。
さらに高性能な蓄電池やそれにかわるシステムなどが開発されれば、
まったく電力を買わなくても大丈夫な時代も来るかもしれません。
そんな時代が来ることを夢見つつ、
いまはしっかりと業者探しをするのが最優先です。

]]>
/iza-ansin/sinrai-gyousha/feed/ 0
新潟での太陽光発電をより深く考えて見ましょう /koko-yokatta/nigata-kangaeru/ /koko-yokatta/nigata-kangaeru/#comments Mon, 21 Oct 2013 11:17:03 +0000 /?p=54 太陽光発電というのは、発電量が気候に左右されるシステムですから、例えば新潟のように県内全体が豪雪地帯であったり、日本海側気候であるために、どうしても日照時間が少ないというデータを見ると、ちょっと設置を考えてしまうというのが、現状かもしれませんね。
とはいえ、だからといって県内に太陽光発電を設置している人がゼロであるという事もありませんし、別に国も効果が薄いという理由で補助金を出していないという現実もありません。
ですから、新潟での太陽光発電をより深く考えて見ましょう。
それによって、適していないとか意味が無いとか思い込んでいる人は、ちょっと検討してみる機会にしていただければ、幸いです。
例えば、新潟市のような中心部の場合、県内のレベルで考えれば、意外と雪が多くないですし、かつてよりも温暖化で気温もそこまで下がらなくなっています。
そう考えると、現在の気候条件でシミュレーションを出してみて、最低限の発電量があり、少なくともトータルで損をするということが無ければ、十分に太陽光発電を設置するメリットを受理できると、私は思います。
さらに山間部でも、雪は多いものの対馬海流の影響もあり、朝晩の冷え込みが、他の豪雪地帯や雪国ほどではなかったりします。
雪の質も、水分が多いものでガッチリと固まったり、氷のようなものではないので、それが現在のソーラーパネルにとって悪くないものであることをより深く、考えて検討の材料にしてみても、いいでしょうね。
この県は、日本海に島があったりして、本州とはまったく違う気候を擁していますし、さらに西側は、雪より雨のほうが多かったりもしますので気候条件が大きく変わってきます。
それらのエリアで考える場合でも、シミュレーションの内容やデータが大幅に変わってくることも予想できますので、少なくともこの県だから、頭から検討しないとか、あきらめるといった必要性が無い事は、確かな事実と言っても過言ではないでしょうね。

]]>
/koko-yokatta/nigata-kangaeru/feed/ 0
事前に行なう発電シミュレーション /koko-yokatta/jizen-simyureshon/ /koko-yokatta/jizen-simyureshon/#comments Fri, 04 Oct 2013 22:52:21 +0000 /?p=51 太陽光発電システムは、ご存知のように太陽から地球に届く光エネルギーを電気に変換することにより発電するシステムです。
ですから、ソーラーパネルを設置する場所については、太陽の日光を受ける事のできる時間が長ければ長いだけたくさん発電しますし、日光が当たらない時間の長い場所にソーラーパネルを設置しても、思ったよりも発電しないという事になりかねないでしょう。
自宅の屋根にソーラーパネルを設置して、どの程度の発電が可能かについては太陽光発電システムの販売店がかなり細かな数字を出して事前に予測を立てます。
新潟市にお住まいでしたら、新潟市の年間日照率や平均日照時間等々を気象庁が発表している統計をベースに計算し、ソーラーパネルを設置する予定の屋根の方角を計算に入れて発電量の予測を立てますから、太陽光発電システムの設置後についてはほぼ事前の予測通りの発電が期待できるでしょう。
通常は真南に面する屋根が一番発電量を期待できます。

]]>
/koko-yokatta/jizen-simyureshon/feed/ 0
新潟で災害に備えるための自家発電 /iza-ansin/saigai-jika/ /iza-ansin/saigai-jika/#comments Mon, 16 Sep 2013 06:51:20 +0000 /?p=50 新潟で災害に備えるなら、太陽光発電を導入したいものです。
電力会社からの供給がストップしても、自家発電ならば備蓄した電力の使用が可能となります。
2012年になってから、太陽光発電は急激に普及し始めており、一般家庭だけでなく、企業やコンビニなども積極的に導入するようになりました。
新潟で太陽光発電の導入を考えるなら、まずは補助金について確認しておきましょう。
新潟県の補助金については、現在は利用できません。
新年度の補助金概要が提示されるまでは待ちの状態です。
補助金情報が入手できてから導入を考えるといいでしょう。
上限数が決まっている場合は、急がないと打ち切りになってしまうので注意が必要です。
詳細については、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)で確認できます。
太陽光発電の最大のメリットは、余剰電力買取制度かもしれません。
この制度は、自家発電をして余った電力を買取ってもらえるものです。
売電価格は、年々下がってきておりますから、太陽光発電を導入するならば早いほうが有利ということです。
太陽光発電を導入すれば、昼間に自家発電が可能となります。
夜間は発電できないので、電気を購入する必要がります。
電力会社により、夜間の電力消費にお得なプランがあるので活用してください。
太陽光発電の施工を依頼する業者は、十分な検討が必要です。
よい業者と悪い業者が存在するからです。
いろいろな業者を検討して、比較していくべきです。
疑問点については、積極的に質問して解消しましょう。
対応が悪い業者とは、最初から契約するべきではありません。
あとあとトラブルの原因になるだけです。
契約内容も把握しておくことです。
太陽光発電の業者の一括比較サイトを利用すれば、同一の条件を指定してベストな業者を選ぶことができます。
お住まいの地域や設置条件などにより、ベストな業者は異なってきます。
万人にベストな業者などないので、必ず一括比較をしてから選ぶようにしてください。

]]>
/iza-ansin/saigai-jika/feed/ 0
太陽光発電をつけてよかったと思う点 /koko-yokatta/yokatta-ten/ /koko-yokatta/yokatta-ten/#comments Sat, 31 Aug 2013 00:00:14 +0000 /?p=47 我が家では太陽光発電を設置しています。
家を建てた際に、元々興味のあった太陽光発電を設置する事にしました。
電気を家で作れて、余った分はお金に変える事ができるなんてとても魅力的だと思っていました。
そして太陽光発電を使用し始めてから数年経ちましたが、
よかった事がたくさんあります。
まず第一に電気代が賄えるようになり、電気代がかなり安くなりました。
太陽光発電を設置する前は家族の人数が多いだけに電気代金が高くて悩んでいましたが、
そう悩む事がなくなる程安くなりとてもうれしく思っています。
雨の日も曇りの日もありますが、それでもしっかり電気を作ってくれるので助かっています。
次に家族全員の節電意識がぐんと高まりました。
今まで意識せずに使っていた電気ですが、モニターを通じてどのくらい使っているかがはっきりとわかるようになったので、
節約して使おうと思うようになったんだと思います。
毎月の電気代の管理は私がしていたので、太陽光発電を設置するまでは私だけが電気代節約に取り組んでいて、他の人達はあまり意識をしていませんでした。
自分ばかり頑張っているなんて・・と思ってやきもきしていた時もありましたが、
家族全員の意識が高まったお陰でそんな事はなくなりました。
節電意識が高まったおかげで、電気使用料も減ったように思います。
余った電気はお金に変えてもらえるのでその分で外食をしたりお出かけをしたりなど
楽しんでいます。
良い事がたくさんで嬉しいです。

]]>
/koko-yokatta/yokatta-ten/feed/ 0
空いた土地を有効活用して電気を生み出す /taikendan/aita-toti/ /taikendan/aita-toti/#comments Mon, 29 Jul 2013 12:59:32 +0000 /?p=46 我が家は新潟で主人の両親と二世帯で暮らしています。
子供が小さいこともあり、主人の両親とはとても仲良く暮らしていますが、それぞれの生活パターンも違うので、夜行動することが多い私たち若い夫婦のせいで、光熱費がかなりかかってしまっています。
子供も平日は夕方から夜まで、休日は日中ずっとゲームをやっているのもあります。
また、今の時期は暖房にもかなりお金がかかります。
光熱費に悩んでいた時に、たまたま訪問セールスで太陽光発電を売りに来られました。
もちろん断りましたが、置いて行った資料を見ていると、太陽光発電で電気代を浮かせられるのか、と思いました。
ただ、実際にご近所で設置している方がおらず、使用感などを聞く相手もいなかったので、その資料はそのままになってしまっていました。
ところが、先日、たまたま主人と行ったショッピングモールで太陽光発電の展示即売会がやっており、そのことを思い出しました。
主人も前から興味があったようで、2人で話を聞いていると、無料で我が家の発電効率をシミュレーションしてくれるとのこと。
とても興味があったのでお願いすると、屋根が老朽化しているので、効率は良いものの、工事費などが結構掛かるという結果でした。
主人の両親は改築には反対なので、この件は話が進まず終わってしまうだろうと思っていると、太陽光発電の販売業者から、空いている土地を有効活用して、平面に太陽光パネルをつけることもできると提案されました。
ちょうど、家の庭がだだっぴろく、何も手をつけていない状況で放置されており、南側には障害物が何もないので、そちらでシミュレーションをしてもらうと、屋根に設置したのと変わらないデータが出ました。
それで、両親と相談して、空いた土地にパネルを作りました。
子供がいじらないようにするなどの措置はありましたが、結果的に驚くほど発電してくれて、今では光熱費に悩むことすらなくなりました。
さらに、新潟県と国からの補助金も受けることができ、ダブルで喜んでいます。

]]>
/taikendan/aita-toti/feed/ 0
システムを長岡市に住んでいる方が設置する際に知っておきたいこと /iza-ansin/sisutemu-nagaoka/ /iza-ansin/sisutemu-nagaoka/#comments Tue, 25 Jun 2013 09:58:44 +0000 /?p=45 長岡市に住んでいる方の中には、
太陽光発電を設置してその発電効果を十分に利用している方もおりますが、
まだまだその設置件数というのは多くありませんね。
その理由の1つとして考えられるのが、
とくに冬場に天候が荒れて積雪のある長岡市に、
太陽光発電を設置しても、
効率的な発電が出来ずに、
せっかっく設置した太陽光発電が無駄になってしまうことを恐れてはいませんか?
確かに太陽光発電の設備機器は、
何百万円もする高額なシステムですので、
その効果や効率性に対して首をかしげてしまうのかもしれません。
しかしながらインターネットや長岡市のコミュニティー誌などの情報を参考にすれば良く分かると思いますが、
今や太陽光発電のシステムは、
長岡市のような寒冷地にも対応している機器もたくさん販売されていて、
冬季の悪天候の中でも十分に発電効果が得られるように、
改良・工夫されているので、
十分な発電が期待できるんですよ。
ですので長岡市に住んでいる方は、
積極的に太陽光発電を設置して下さい。

]]>
/iza-ansin/sisutemu-nagaoka/feed/ 0